scrap-it-to


「愛を乞う皿 田中経一」おすすめ小説を読もう

2019.04.16 21:04

好きな小説
愛を乞う皿 田中経一


おすすめ度 

皿が料理を乞うている
まるで君が愛を乞い続けたかのように
しかし、皿の上に料理が
もう二度と盛られることがないと悟った時
その皿は一層の輝きを見せた。


鬼才と呼ばれ、怪物と恐れられた北大路魯山人。そのミステリアスで壮絶な一生を魯山人とゆかりの深い人物の証言をもとに解き明かしていく。。
魯山人が生涯に残した仕事は多岐に亘る。一方、天才ゆえの傲慢さ、横柄さは周囲の友人、恩人、家族を傷つけ、遠ざけてきた。病床に寄り添うのは平野雅章ただ一人だ。
平野は医師から魯山人は年を越せるか微妙な状態だと告げられる。
平野は魯山人のために最期に何が出来るかと考え、魯山人から自分の伝記を書いてほしいと頼まれたことを思い出す。
魯山人が生きている間に魯山人とゆかりの深い人物を探しだし魯山人の過去を調べることにした。そして孤独な魯山人に最期くらいそのゆかりのある人物に会わせたいと思う。





▼この先はクリックで展開




愛を乞う皿 田中経一

20190412181918a35.jpg


コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する