scrap-it-to


小説を読もう「償い 矢口敦子」

2019.04.02 07:04

「償い 矢口敦子」の表現


36歳の医師、日高は子供の病死と妻の自殺で絶望し、ホームレスになった。流れついた街で社会的弱者を狙った連続殺人事件が起き、日高はある刑事の依頼で「探偵」となる。やがて彼は、かつて自分が命を救った少年が犯人ではないかと疑い始めるが……。


書き出し
そのころ、男は羽をもがれた蝿のように地べたを這いずりまわっていた。
埼玉県光市、新宿から東部線の快速電車で三十分のベッド・タウン。男がいつこの土地に足を踏み入れたのか定かではない。そもそもここが埼玉県光市だということやを、男は認識していない。


▼この先は、私が表現力を学ぶために、参考にできそうな文章を残しています。 クリックで展開





コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する