scrap-it-to


小説を読もう「博士の愛した数式 小川洋子」

2019.02.05 09:04

博士の愛した数式


e^{{i\pi }}=-1

書き出し

彼のことを、私と息子は博士と呼んだ。そして博士は息子を、ルートと呼んだ。息子の頭のてっぺんが、ルート記号のように平らだったからだ。
「おお、なかなかこれは賢い心が詰まっていそうだ」
髪がくしゃくしゃになるのも構わず頭を撫で回しながら、博士は言った。友だちにからかわれるのも嫌がり、いつも帽子を被っていた息子は、警戒して首をすくめた。
「これを使えば、無限の数字にも、目に見えない数字にも、ちゃんとした身分を与えることができる」
     √


▼この先は、私が表現力を学ぶために、参考にできそうな文章を残しています。 クリックで展開




コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する