scrap-it-to


第二の人生を楽しむ為 夫婦円満がいい。その為に夫がやること

2019.01.20 09:04

201901191859026e5.jpg

第二の人生に限らず夫婦円満は人生を楽しむうえで重要だと思う。


当たり前と言えば当たり前、上司が気に入らない、部下が言うこときかないと悩んでも、一緒に過ごす時間なんて奥さんと過ごす時間に比べれば、ほんの一瞬ですから。
だから人生を楽しむには、夫婦円満が一番大事。

夫婦円満のために、夫がやることをまとめてみました。


まず、これを頭に置いてて下さい。
やることが義務的になるとアウトです。
絶対に自分も楽しんでやることです。
人生を楽しむことが目的ですので、そのために義務的になって苦痛に感じるようだと本末転倒です。
明日を楽しむための今日でなく
今日と明日を楽しむための今日にしないと

それでは、私が思う夫婦円満の為にやることを書いていきます。
簡単なことばかりです。
そして楽しいことばかりです。

家事をやること


201901191900445ee.jpg

家事を手伝うのではなく、やるです。
何でもいいです。掃除、洗濯、炊事、育児。
それも義務的ではダメ。
やることを楽しまないといけません。

やると共通の話題が出来ます。
こうした方が良い、これは失敗する等々の会話が出来れば楽しいものです。
「包丁が切れなくなってるし新しくするか」
「野菜はあそこのスーパーが新鮮でよい」
「洗剤はこのメーカーがよい」

これだけで一緒に買い物に出掛けても楽しくなります。
「今日の味付けはよかったな。教えてくれよ」
「出来るだけ添加物の使ってないものにしよう」
「『ま・ご・わ・や・さ・し・い』を考えて料理つくると、体にいいらしいぞ」


私は休みの日に夕食を作ります。
料理が上手くできると楽しいものです。
しかし、決して上手くはないです。下手くそではないと思ってますが……。
あまり上手くならなくてもいいと思ってます。
妻はそれで優越感にしたっているようですから。
いろいろとアドバイスしてくれます。

それから、私が料理する上で心がけていること。
料理だけでなく家事をやる上で心がけること。
それは、冒険する、挑戦することです。

妻にとって料理は毎日の夕食の支度であり、義務的な作業になってしまっています。
出来るだけ美味しく経済的で、そして栄養バランスを考え、失敗することが許されないプレッシャーの中でメニューを決めて作ってくれています。

失敗が許されなくなると冒険が出来なくなるので、新しいメニューに挑戦する気も失ってしまいます。
毎日、それだと楽しくなくなり、苦痛になるのも当然だと思います。
なので、失敗が許される私が、いろんなメニューに挑戦して冒険しています。
私が挑戦した料理は失敗も多いですが、そこから会話も生まれています。
「テレビでやってた料理を作ってみた」
「何のテレビ?」
「宮川大輔が出てるやつ」
「青空レストランかな?」
「あー、それそれ」


「この間行った中華料理屋の麻婆豆腐を真似して作ってみた」
「そこの中華料理の麻婆豆腐は、こんなに辛かったの」
「いやー、ちょっと違うかな、ピリッとくる感じだったから大量に胡椒入れてみたけど」
「もしかして胡椒じゃなく花椒か山椒だったんじゃない?」
「いやー、わからん」
「じゃあ、今度、私が山椒で作ってみるわ」
「頼むわ」

こんな感じで失敗しても楽しめます。成功したら、我が家の新たなレパートリーに加わっていきます。
そうする事で妻にも、新しいメニューに挑戦する勇気が出てきて楽しくなります。

余談ですが、料理をやると、仕事のゴタゴタを忘れられるので、ストレス解消になります。

楽しく、お互いに向上心を持ち続けて家事が出来ます。
ここに私の作ったへたくそな料理をのせてます。





同じ趣味を持つ


201901191904400f9.jpg

同じ趣味なんて無い、と思う人も多いでしょうが、結婚前には、あったんじゃないですか?
デートに誘ってた独身の頃、二人で楽しめたものを思い出して下さい。
テレビ、映画、スポーツ、読書、旅行、テーマパーク、絵画、音楽等々、二人で楽しんだものがあったはずです。
「あの頃はハートを射止めるためで、別になんでも良かったんですよ」
そういう人も多いでしょう。
だから、今も何でもいいんです。
何でもいいから、今からもう一度楽しみましょう。

簡単に出来るのは、テレビか読書でしょう。自宅で出来ますし、お金も比較的安くすみますから。
テレビのドラマ、音楽、バラエティ、スポーツなどでいっしょに楽しめるものがいいですね。
好きなドラマがあれば、いっしょに同じ時間を過ごせるし、観た後の感想も言いあえます。
スポーツも野球、サッカー、格闘技、相撲、テニス。
たくさんあります。
奥さんが興味を持つものに近づくのもよし、自分の好きなものを奥さんにすすめるもよし、頑張ってみて下さい。


我が家の場合は私が野球とボートレースが好きで、ルールを教えて行くうちに、妻は野球に興味を持ちました。球場までいっしょに応援に行くようになりました。
ボートレースはテレビで、ほとんどやらないので『モンキーターン』という漫画本にだけ興味を持ってました。


読書はおすすめです。


小説で気に入ったものを奥さんにすすめてみるのもいいです。
読み終わってからの感想など話してみると楽しいです。
我が家の場合は妻が読書が好きで東野圭吾の本は読みやすくて面白いと教えられて、私が読書するようになりました。
最初にすすめられた本が《東野圭吾 マスカレードホテル》でした。確かに読みやすく、面白かったです。


夜の生活


これは、私も体力も精力も落ちて自信が無くなってきてます。
しかし、先に書いたようなのことをやって夫婦仲良くしていると、少しは頑張れるかな。

それから体力、精力を維持し、お互いに美しさを維持することです。

体力を落とさないようにしておくには、毎日、少しでもいいから体を動かすことです。
一駅の距離なら少し早足で歩くとか、エスカレーターは使わず階段を使うなどを心掛けておくことです。
人間は楽をしだすと止まりません。そしてドンドン体力が落ちていくのも止まりません。
気づいた時には、足腰が弱り、筋肉も落ちてブヨブヨな体になってしまっています。
体力が落ち、外見も美しくなくなってしまいます。

食は大事です。


食は体をつくる元です。絶対におろそかにしてはいけません。
美しくなりたい、痩せたいといって食を制限してダイエットすることは体力が落ちますし美しくはありません。
しっかり食べて美しく痩せる。体力もつくようにしないといけません。

食について学ぶなら山田豊文先生の本はおすすめです。
この本が奥さんとの話のネタになり、それがきっかけで同じ趣味(読書、食への興味)に発展するかもしれません。













コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する