scrap-it-to


小説を読もう「ジェノサイド 高野和明」

2019.01.19 19:04

ジェノサイド 高野和明
13階段を読んで高野和明さんの作品をもっと読みたくなりました。





書き出し
移り住んだ豪邸での生活は、何年経っても慣れるということがなかった。毎夜の眠りが浅くなっているのは、加齢のせいだけではないだろう。熟睡と言うにはほど遠い、意識を失っているだけの時間が過ぎた後、グレゴリー・S・バーンズはいつものようにモーニングコールのベルの音で目を覚ました。



▼この先は、私が表現力を学ぶために、参考にできそうな文章を残しています。 クリックで展開







コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する