scrap-it-to


決まった答えの無い分野が得意な手相

2018.08.05 10:04

今回の手相の見方は
ライター・作家に向く手相 頭脳線
決まった答えの無い分野に強い手相です。
これはライター・作家の適正が強い人によく見られるのですが、答えの無い分野に強いという意味もあります。

「これが答えだ」と決まっていない分野って沢山ありますね。
育児、対人関係、芸術、ビジネスなど様々です。

この手相を持つ人は高い柔軟性を持っていて、自身の答えを見つけ出し柔軟に対応できます。

その代わり、このやり方でなければダメだと決められている分野に関する適正は低い傾向があります。

ただ、手相というのはこの先に開発されていく見込みの資質が刻まれる事が頻繁にあります。
以前にまじめすぎる性質を身につけてしまった人が、この手相のような資質を養うべく産まれてきている場合がありますね。

この場合では、答えの決まっていない分野に導かれ、柔軟性が養えるようになっています。

白黒つけられない部分に物事の真相がありますので、誰しも大なり小なり、上記の道のりを行っていますね。
この手相の人は高い柔軟性を持つ・得るというのが特に重要となっています。

三堀


手相鑑定では、人生で乗りこえることになる物事や
固有の使命、本質的開運法をお伝えしております。

東京手相鑑定の説明を見る

写真手相鑑定の説明を見る
※現在、写真鑑定の新規受付は休止しています。

下記の無料メルマガでは、
仕事・健康・恋愛・結婚、あらゆる分野において
最高のバランスで成功する方法をお伝えしています。

絶対開運の法則 無料メルマガに登録する
(過去五年分のバックナンバーもお読み頂けます。)

※指定受信には palm●mihori2.com のアドレスをお願いいたします。
(●を@に変えてください)


コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する