scrap-it-to


なぜ太陽線が幸せを呼ぶ手相なのか?

2016.08.31 17:05


太陽線

誰もが幸せになりたいと思うでしょう。


幸せの価値観は人によって違います。

お金持ちになること、有名人になること、愛する人と結婚すること、好きな職業に就くこと、田舎でのんびり暮らすこと、都会でバリバリ働くこと、健康なこと、どれも幸せに思います。

しかし、本当の幸せは「幸せと感じるか?」だけで決まってしまいます。

お金持ちでも幸せと感じなければ幸せでないですし、結婚しても幸せと感じなければ幸せでないです。


茂木健一郎さんが以前、こんな記事を書いています。


「幸せとは気付くことである。」

「自分の人生の中のごくあたりまえの恵みに目覚めることが汲めども尽きぬ幸せの泉となるのだ。」


太陽線が出ていると幸せになれるのか?


太陽線は薬指付け根下の太陽丘に出る縦の線です。長い線ですと生命線から伸びていることもあります。

地位や名声、成功などを示します。

線が強く、真っ直ぐな線ほど成功運も高くなります。


では、どんな人に太陽線が表れるのか?


それは、幸せを気付いた人に表れます。どんなに恵まれた環境でも自分が不幸だと思っていると太陽線は表れないでしょう。

反対に苦労していても幸せを感じている人には太陽線が表れます。

幸せを感じている人の周りには、人が集まり、支援もしてくれます。そんな人は、おのずと成功運も上がるでしょう。

太陽線は周りへの感謝の気持ちを持っていたり、自分の幸せに気付いた人に表れます。

太陽線があると成功運が高い理由はそういうことです。


「生きてるだけで丸儲け」


明石家さんまさんの名言ですが、そう思えたら毎日が丸儲け(幸せ)になるでしょう。

さんまさんが成功しているのは、こんな考えで下積みを過ごしてきていたからだと思います。

娘に「IMALU(イマル)」と名付けたのも、どんな事があっても幸せを感じてほしいという親心があったんでしょう。




広告





恋愛や仕事の悩み
香山リカが徹底診断


コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する